バナー

現在のスキーツアーの状態

現在、スキーの用具を持っていなくても各旅行会社のプランで「手ぶらに行けるスキーツアーパック」があります。

まず、ツアーパックに何が付いていて、何が付いていないのかを確認してください。


板やブーツ、手袋などの小物のレンタルやリフト券が付いていないパックの場合、自己負担でレンタルや購入することになるのでパック料金以外にも料金が必要になります。


ツアーパックの交通手段は主に高速バスが主体です。

日帰りスキーの詳細情報を掲載しています。

高速バスの場合、夜に出発してスキー場に早朝到着する「夜行バス型」と早朝に出発してスキー場に午前中に到着する「早朝バス型」があります。


夜行バスは早朝バスと比べると安いため、主に学生などの若者の利用が目立ちます。

また、多くはありませんが交通手段として鉄道(新幹線)を利用するツアーパックもあります。鉄道を利用するパックは高速バスより非常に高いですが、移動時間が非常に短く済む利点がありますし、バスとは違い、車内の自由度が非常に高い点があります。
グループで行く場合、車内でトランプなどのカードゲームで楽しんだり、会話を楽しむことで移動することから旅行の楽しみが始まっていると認識されます。



スキー場に到着したら、まずは帰りの確認をしてください。

バスの場合、降車位置と乗車位置が異なることもありますし、同じツアー会社が同じ時間帯に異なる場所に向かうバスがあるかも知れないので注意が必要です。

鉄道の場合はバスと異なり、乗車していないお客様がいても時間通りに発車してしまうので発車時間を確認し、余裕も持って駅に到着してください。

はてなブックマークに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。